オーガニックコスメは肌には優しそうだけど、効果がなさそう・・・というイメージはありませんか?
でも実は、進化を続けているオーガニックコスメの中には、抗シワ試験をクリアしてアンチエイジング効果が立証されているコスメも登場しているのです。

そこで今回は、
・アンチエイジングにおすすめのオーガニックコスメ6選
・アンチエイジングのためのオーガニックコスメ・成分の選び方
・オーガニックコスメがアンチエイジングにおすすめな理由
・オーガニックコスメでアンチエイジング対策をするに前に解決しておきたい疑問
などについて、詳しくご紹介していきます。

1.アンチエイジングにおすすめのオーガニックコスメ6選


植物には生き抜くための様々なパワーが備わっています。
中でもオーガニック栽培された植物成分は通常栽培された植物に比べて、抗酸化作用や活性作用などの効果が高いこともわかっています。

さらに植物成分には、スキンケア効果だけでなく女性ホルモンを活性化する作用もあり、高いアンチエイジングを期待することができるコスメとして注目されています。
そんなオーガニックコスメの中でも特にエイジングケアにおすすめなのが、次の6つです。

<HANAオーガニック>
天然成分100%で「私史上、最高の肌」が目指せる国産のオーガニックコスメです。

(おすすめポイント)
・濃縮されたブルガリア産ダマスクローズが主成分だから抗炎症作用・抗酸化作用が高い
・6種類のアンチエイジング効果がある精油成分が体の内側と外側の両方に働きかける
・肌の善玉菌を増やす「バイオエコリア」が衰えた肌をバックアップしてくれる!

<琉白>
沖縄の月桃の抗酸化作用で、年齢肌の悩みに総合的にアプローチする国産のオーガニックコスメです。

(おすすめポイント)
・赤ワインの30倍ものポリフェノールを含む月桃は抗酸化作用が高い
・月桃に含まれる「カワイン」がコラーゲン、ヒアルロン酸の分解を阻害する!
・「月桃ナイトリペアオイル」には、しわに効果がローズヒップ油が高配合!

<ウェリナ>
抗酸化力が高い有機エクストラバージンココナッツオイルやハワイの海洋深層水で乾燥しがちな年齢肌に潤いを与える国産のオーガニックコスメです。

(おすすめポイント)
・抗酸化力が高い有機エクストラバージンココナッツオイルがハリを与える
・ミネラル豊富なハワイアン海洋深層水だから浸透しやすい
・オリーブオイルの4倍ものビタミンEを含むアルガンオイルでエイジングケアが叶う!

<ヴェレダ>
世界50カ国以上で愛されるオーガニックコスメのパイオニア的存在のオーガニックコスメブランドです。

(おすすめポイント)
・ざくろオイルに含まれる「プニカ酸」には小じわを目立たなくする効果あり!(※効果効能試験済)
・加齢とともに減少する「パルミトレイン酸」を含むマカダミアナッツ油配合
・バイオダイナミック有機栽培農法で育てられたパワーあふれる植物成分が魅力

<ネオナチュラル>
天然成分100%で「シワ・たるみ」「しみ・くすみ」「乾燥・ごわつき」の3つのタイプ別エイジングケアができる国産オーガニックコスメです。

(おすすめポイント)
・「シワ・たるみ」には月桃をベースにしたケアでハリアップ!
・「しみ・くすみ」にはヘチマサポニンでターンオーバーをサポートし、馬油で血行促進!
・「乾燥・ごわつき」には濃密ハチミツパックでもっちり肌に!

<ブルークレール>
100%無添加のオーガニックコスメでありながら、抗シワ試験で効果検証済みの国産オーガニックコスメです。

(おすすめポイント)
・4週間の公的な抗シワ試験で効果が立証された実力派(※医学雑誌掲載・臨床試験済)
・オーガニック成分以外にもプラセンタやビタミンC誘導体、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸も配合
・オーガニックの3種のローズ成分配合で、49種類の全成分においてキャリーオーバー無し

2.アンチエイジングのためのオーガニックコスメ・成分の選び方

次は、年齢肌の症状別におすすめのオーガニック成分をご紹介していきます。

2-1.しわ・たるみ対策におすすめのオーガニック成分

しわ・たるみ対策には、次のような成分が配合されているコスメを選ぶのがおすすめです。

【ダマスクローズ】
肌を若返らせる効果があるとして、クレオパトラも愛用していた成分です。

【ローズマリー】
肌老化の原因となる酸化を防ぐ働きがある。

【月桃】
月桃に含まれている「カワイン」という成分には、コラーゲンやヒアルロン酸の分解を防ぐ酵素が含まれています。
コラーゲンやヒアルロン酸の分解を防ぐことで、ハリのある肌へと導くことができます。

【ネロリ】
皮膚を再生する効果が高く、アンチエイジングの精油とも言われています。

【ゼラニウム】
血行促進効果や老廃物の排出を促す効果があることから、しわの予防や肌の若返り効果がある成分として知られています。

【フランキンセンス】
細胞促進作用があり、傷ついた肌を再生する作用があるため、しわやたるみにも効果を期待することができます。

【アケビエキス】
アケビから抽出されたアケビエキスは、「植物性プラセンタ」としても知られています。
コラーゲンやエラスチンとともにハリのある肌を作る作用で、しわやたるみに効果を発揮してくれます。

【カッコンエキス】
葛の根から抽出するエキスで、最近ではコラーゲン産生促進作用があります。

【マカダミアナッツ油】
加齢とともに減少する「パルミトレイン酸」を20 %以上含んでいることからアンチエイジング成分として注目されています。

2-2.シミ・くすみ対策のオーガニック成分

シミ・くすみ対策には、次のような成分が配合されているコスメを選ぶのがおすすめです。

【ダマスクローズ】
抗酸化力が高く、シミやくすみなどの酸化ダメージに働きかける美白成分として有名です。

【カモミールジャーマン】
メラニン抑制効果や炎症を抑える効果、ターンオーバーを整える効果でシミのない肌へと導いてくれます。

【朝鮮アザミ】
美白成分として有名なアルブチンの5倍ものメラニン生成抑制効果があります。

シミにおすすめのオーガニックコスメと成分などについては、こちらのページにさらに詳しくまとめてありますので、参考にしてみてください。

2-3.年齢肌の乾燥におすすめのオーガニック成分

人の肌は何もしなければ、年齢とともに皮脂の分泌量などの低下によって乾燥しやすくなっていきます。
また最近では、エアコンの使用による室内の乾燥が原因で、乾燥肌の低年齢化が起きている傾向もあります。

年齢とともに乾燥しやすくなってきたという人の乾燥対策には、次のような成分がおすすめです。

【ダマスクローズ】
女性ホルモンのバランスを整えて、内側から潤い力をもたらしてくれる効果があります。

【ラベンダー】
肌を修復する効果が高く、ニキビ、傷、乾燥などすべての肌トラブルに効果があります。

【サンダルウッド】
皮膚を柔らかくする効果や皮脂の量を適度に保つ効果があり、潤いのある肌を保つのに役立ちます。

【ククイナッツ油】
皮膚軟化効果や肌を乾燥から守る効果に優れています。

【アルガンオイル】
オリーブオイルの4倍ものビタミンEを含み、肌の水分を逃さない効果もある作用で潤ったハリのある肌へと導いてくれます。

2-4.女性ホルモンに作用するオーガニック成分

エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが低下すると、皮膚の水分量やコラーゲンの量などが低下してしまい、その結果として肌の老化が進むことがわかっています。
女性ホルモンの減少は一般的には40代~50代に始まりますが、過度のダイエットやストレスなどがあると、20代~30代でもエストロゲンが減少してしまうこともあります。

「保湿しても乾燥が止まらない」「スキンケアを頑張っても肌の調子がいまいち」という人は、女性ホルモンの影響かもしれません。
そんな時におすすめなのが、香りの効果で女性ホルモンを活性化させてくれる次のような成分です。

【ダマスクローズ】
副交感神経に作用して自律神経や女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

【クラリセージ】
スクラレオールという女性ホルモンに似た化学構造をしていて、女性ホルモンを整えたり、皮脂の分泌量を整えたりする効果があります。

【イランイラン】
自律神経や女性ホルモンのバランスの働きを助ける効果で、精神的にリラックスした状態に導く効果があります。

【ゼラニウム】
女性ホルモンのバランスを整える作用で、生理痛や更年期障害などの症状を和らげる効果があります。

【ネロリ】
ネロリドールという成分が女性ホルモンのバランスを整えます。

3.オーガニックコスメがアンチエイジングにおすすめな理由

オーガニックコスメは、次の3つの理由からもアンチエイジング対策におすすめです。
①オーガニック栽培された植物成分は抗酸化力が高い
②オーガニック成分なら肌本来の潤い力が取り戻せる!
③女性ホルモンに働きかけて体の内側からもアンチエイジングが叶う

3-1.アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、「anti」と「aging」の造語で、加齢に対抗するという意味です。
最近になって注目度が高くなっている「アンチエイジング」ですが、実は14世紀にはローズマリーでアンチエイジングに成功した女王がいました。

14世紀にハンガリーの女王だったエリザベートは、70歳を過ぎてからローズマリーを使った「ハンガリーウォーター」でアンチエイジングに成功し、20代だった隣国のポーランドの王子からプロポーズを受けたそうです。
以来、ローズマリーやローズには、若返りの効果があるとされ、「若返りの水」として語り継がれてきています。

そして最近では、ローズウォーターなどの植物成分の効果が科学的にも解明されつつあり、オーガニックコスメがアンチエイジングコスメとして注目されているのです。

3-2.オーガニックコスメでアンチエイジングが叶う3つの理由

オーガニックコスメは、次のような理由からもアンチエイジングに最適なコスメです。

①オーガニック栽培された植物成分は抗酸化力が高い
オーガニック栽培された植物成分は、通常栽培の植物成分に比べて抗酸化作用や活性作用が高いということがわかっています。

抗酸化作用や保水力が高いことは、アンチエイジングには欠かせません。
つまり、オーガニック栽培された植物成分の配合率が高いほど、アンチエイジングの効果も高くなるのです。

②オーガニック成分なら肌本来の潤い力が取り戻せる!
人間には肌の潤いを維持する機能が備わっています。
一般的な化粧品は表面の美しさをすぐに実感できるようにジメチコンなどのシリコン系の成分が配合されていますが、実はこれらの成分が本来備わっている潤い力を低下させてしまっているのです。
こうした機能を妨げることなく、また必要以上に与え過ぎずに潤い力を高めてくれるのがオーガニック成分の魅力です。

③女性ホルモンに働きかけて体の内側からもアンチエイジングが叶う
植物のアロマ成分には、自律神経や女性ホルモンのバランスを整える効果があります。
これらの香り成分の効果によって、体の内側からもアンチエイジング効果を期待することができるというのもオーガニックコスメがアンチエイジングに最適な理由の一つです。

4.オーガニックコスメでアンチエイジング対策をするに前に解決しておきたい疑問

次は、オーガニックの成分でより高いアンチエイジング効果を実感できるよう、使い方や疑問についてお答えしていきます。

4-1.効果を感じるまでの期間は?

どのくらいで効果を感じるかは人それぞれ違うのですが、オーガニックコスメは一般的な医薬部外品のコスメとは違い、即効性はなく、じっくり根本から治していくものです。
ですので、「1週間使って変わらないからやめてしまう」というのはおすすめできません。

植物の成分によっても効果の出方には違いがありますが、最低でも2週間~1ヶ月は使ってみてください。

4-2.美白もしたいしアンチエイジングもしたい!たくさんアイテムを使うのはOK?

複数使っても良いのですが、それではあまりにもコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。
肌トラブルの原因は元をたどれば保湿不足が多いので、保湿を徹底した方が効率が良いでしょう。

そこで、まずは保湿でしっかりと肌を整えてから、美白成分やアンチエイジングなどを取り入れていくのがおすすめです。
植物成分の中には、複数の肌トラブルを解決する万能な成分もあります。

ローズ・・・美白作用・鎮静作用・保湿・女性ホルモンの調整
ラベンダー・・・抗炎症・日焼け後のケア・ニキビケア
月桃・・・保湿・引き締め効果・抗酸化作用・アンチエイジング

これらの成分をうまく使うと、使うアイテムはとってもシンプルになります。

4-3.どのアイテムから変えるのがおすすめ?

では実際に新しいアイテムで悩みを改善しよう!でもどれから変えればいいんだろう・・・?
と迷う方もいらっしゃるかと思います。

おすすめは、素肌にたっぷりと使うクレンジングや化粧水から変えてみることです。
この2つは毎日利用するアイテムで、素肌への影響力も高く、成分が肌の中にダイレクトに届きます。

まずは、植物成分がメインで配合されているクレンジングミルクや化粧水・精製水を使ってみましょう。

5.まとめ

肌の外側からのケアと同時に内側から女性ホルモンのバランスを整えることができるオーガニックコスメは、実はアンチエイジングに最適なコスメなのです。

ぜひ、肌悩みに合った成分が配合されたオーガニックコスメを活用して、アンチエイジング効果を実感してみてくださいね。

オーガニックコスメ
オーガニックコスメ